平成20年 春の合宿レポート

Written by Tmoto

今回の総画像枚数:274枚
ADSL未満の回線だと死ぬよ

m9(・ω・) そこのXGA以下のクソ狭いディスプレイで見てる貧乏人、サイドバー消せや



前書き

毎回毎回、よくもまぁ飽きもせずに同じ書き出しで始められるもんです。
班員は1年間、これのために生きると言っても過言ではない春合宿の季節がやってまいりました。
そしてどうせ行った奴しか読まないくせにやたら詳しく書く、春合宿レポの季節も同時にやってまいるわけです。
というわけで書いてます。
今年こそは長々と文を書くのはやめようと思います。

今年はまたおっさまがやらかしてくれました。
神上寺はお休みだそうだったので、宇部市にある宇部ときわ湖畔YHさんにお世話になりました。この時期になって使えないのが判明することがやたら多い気がする神上寺、我々に恨みでもあるんでしょうか?いっぱいありそうですね。



参加者

去年やってみて、個人的にまぁまぁ勝手に面白かったので今年もやってみます。参加者紹介。
説明は簡潔。学年順。

Tmoto
 
左:最高の写りの写真 右:最低の写りの写真

いつまで参加する気なんでしょう、本人も知りません。本サイト管理人の私Tmoto。
色気づいてヒゲを伸ばしてみました。


さしみ
 
左:一応最高の写りの写真・・・・のはず 右:下関駅にて

写真写りが悪いとはこういうことを言うのでしょうか。浪人2年、さしみ。
今回めでたく京大に合格したそうです。ゆえの参加なわけですが。
2枚写真を選んでから気づきましたが、これじゃ顔わからんですね。まぁいいか。


とよひろ
 
左:真ん中の集団は無視してください 右:糸崎駅にて

今回写真にあんまり写っていないとよひろ。
今年も娯楽担当として採集用具を一切持ってきていない彼は別行動ばっかりだった為です。
私は現在、彼からスパルタ式アニオタ養成特別プログラムを受けています。
去年と同じくレンタカー運転手です。


近藤
 
左:背景のド田舎くささと近藤氏のイキのよさが見事に反比例している1枚 右:新大阪駅にて

OB2年なのに初参加、近藤。
今回は採集に参加したり、参加せずに遊んでいたりと気ままなポジション。
主な役割は最近メンバーの中でにわかに流行りだした麻雀の布教です。


由井
 
左:行きの電車内にて 右:かっこいい気がするが何か致命的なものが違う1枚

顔面地質班、由井。
毎年ほぼ欠かさず合宿には参加の初期メンバー。
さしみ氏の撮った写真には嫌がらせのごとく由井氏のアップが多かったのですが・・・何か意図があるんでしょうか?
最近、頭頂部がキてます。


青山
 
左:宇部新川行きの電車の中にて 右:背景に人物が溶け込んでいる近藤氏のとまるで真逆な1枚

チェック柄以外の服は持っていないのでしょうか?青山。
彼は残念ながら浪人1年生が決定したようです。


のつー
 
左:鉄オタにありがちなこと 右:特牛駅にて 特に意味はない

鉄道、ミリタリー、エロゲ、アニメなど、とりあえずオタ項目は一通り網羅する男、のつー。
中1からの生え抜きメンバーながら参加は今回が初。
今回も切符取りと宿泊手続きは彼に押し付けてみました。


ショタ
 
左右:なんか面白みのない写真ですいませんね

地質班の2大エロ漫画好きといえば私とこの人、ショタ。(趣味は全然合いませんが)
今回はおっちょこちょいな両親の手違いにより、合宿にダブる形で家族旅行に強制参加。
途中、23日から合流しました。


だいじろ
 
左:カラオケで皆知らない曲ばかりいれるの図 右:桜口谷にて

実は春合宿参加早くも5回目のだいじろ。
今回の参加メンバーの中で6年間皆勤賞の私に次いでさしみと並んで2位タイです。


加藤
 
左右:桜口谷にて

もうすぐ自前のラノベの蔵書数は4ケタに達するとのことです。加藤。
地味な外見からは想像もつかぬ、鉄の胃を有する男。某ゲテモノ屋では遭難知らずです。
全然関係ないですが、彼は麻雀強くなりそうです。


ジャグ&側近
 

彼らはまるで地質班に入るために生まれてきたようです。ジャグ&側近。
二人そろってらきすた+ローゼン厨というヲタ1年生っぷりから(?)、先輩たちに可愛がられています。
春合宿参加は2回目。




1日目 3月20日(木・祝)

おなじみの集合場所、名古屋駅中央改札に集合。
いつもより行きの行程の写真を増やしてみようかと思います。
 
左:中央改札にて 右:ホームに移動

7時5分発の区間快速米原行きに乗車。
 
右:米原行きの車両内、7時半ころ

 
左右:米原駅ホームにて 乗り継ぎの客でホームはメチャ混みです

米原から8時19分発の姫路行きに乗車。
 
左右:姫路駅にて

姫路から11時6分発の播州赤穂行きに乗車。
途中、相生にて乗り継ぎ、11時28分発の三原行きに乗車。
また途中、岡山にて乗り継ぎ、12時50分発の下関行きに乗車。

 
左右:下関行きの車内にて



カード麻雀で暇つぶしをしてみたり。
でも電車内で麻雀やるのは非常に困難です。

途中、糸崎に14時21分着。併結のため、23分間停車します。
 

 
左:糸崎駅にてホームから


15時56分、広島着。


16時半ころ、宮島付近の海を臨む。

 
左右:17時前、岩国通過後。やっと山口県に入りました。


17時51分、徳山着。10分間停車します。

 
左右:19時過ぎ、まもなく宇部の車内

19時10分、宇部着。連絡している19時13分発の宇部新川行きに乗り換え。
 
左右:宇部線・宇部新川行きの車内にて


名古屋駅から西へ一路、移動距離700km以上を12時間19分かけ、ついに宇部新川に19時24分到着。
 
左:宇部新川着。みんな気持ち悪い笑顔を浮かべてますね 右:駅から徒歩10分ほどのコンビニで夕食を購入

本日は春分の日で休日ダイヤ。
すでにユース方面への最終バスが出ているため、タクシーに分乗してユースへ向かいます。
 
左:夜(といっても20時前ですが・・・)の宇部新川駅。閑散としています 右:11人なので小型タクシー3台に分乗。

そして20時半ころ、ユースに到着。
さっそく主人に挨拶を済ませ、さっき買っておいた飯を喰らったあとは適当に暇つぶし。
 
左:夕食はコンビニ弁当で済ませます 右:今年から新たに増えた娯楽・麻雀に興じます

1日目はこれにて終了、2時には就寝しました。



2日目 3月21日(金)

朝は7時半ころ起床、さっそく朝飯です。
 
左右:このユースはメシはひじょーに微妙でした・・・

朝飯を食って一段落したら、バスで予約してあるレンタカーを取りに向かいます。
 
左:ユース全景

 
右:バスはすげぇ少ないです

バスに20分ほど乗車、ちょっと歩いてマツダレンタカー宇部店へ。
 
左:レンタカー屋まで歩く 右:今回借りる車、マツダ・プレマシー 2台

レンタカーは25日まで4泊5日のレンタル。
マツダレンタカーにしたのは、ほかに比べてあまりに破格だったためです。
トヨタなどだと2台で10万円を超えますが、今回のマツダは合計8万9000円あまり。

 
左:今年も運転 右:まぁ慣例でしょう

さて、本日の行き先は美祢市歴史民俗資料館化石採集場。
美祢は化石で有名なため、市営の採集場があります。・・・ということを去年知りました。
利用料は100円です。
ちなみに宇部から美祢は車で1時間程度。

お金を払い、許可証を受け取って採集場へと向かいます。採集場へは資料館から車で10分弱。
 
左:採集場全景 右:隅っこに設置してある化石の案内板

途中によったスーパーで買った昼飯を食い、早速採集を開始することにします。
 

 

 

 

始めて2時間もたったころでしょうか。
一角から巨大なシダの化石層がみつかりました。
 
左:長辺40cmほど 右:長辺50cmほど

 

 
左右:拡大写真

 
左右:とてつもなくでかいので、皆でがんばって掘り出します

 
左右:並べて撮影。その大きさがわかるでしょうか?

ここにきて時計は許可を申請しておいた3時を回りました。
今日はこれにて引き上げます。
 
左:帰り支度 右:車に巨大化石を積み込む

帰りがけに本屋によって漫画を少し買い、宿に戻りました。
 
左:普通の麻雀 右:カード麻雀

今日も夜も更けるまで麻雀。
2時半ころ就寝しました。



3日目 3月22日(土)


昨日と同じく7時半過ぎに起床、さっさと朝飯を食い、出発します。
本日の行き先は去年も行った角島経由で長門市へ。
 
左:朝飯 右:車に乗り込む

角島に向かうには美祢を経由しますので、美祢のスーパーで昼飯の材料を購入。
 
左:美祢のスーパー

引き続き角島目指して特牛方面へ。
結構距離があります。車では1時間強といったところでしょうか?


- プレマシーの車窓から -

美祢 - 豊田 - 特牛
 

 

 

 

外はポカポカ陽気、快適な車。
運転はどうしても猛烈な睡魔との闘いとなります。そこで・・・(WMV 2.89MB 1分11秒)
これで目はパッチリです。
マニュアルモードつきのオートマというのが功を奏しましたね。

約1時間後、特牛駅付近までやってきたのでついでに寄ってみることに。
去年も特牛は訪れましたが、レンタカーだったため駅には近づきませんでした。
 
左右:特牛駅、何も変わらぬたたずまい

 

しばらく田舎を満喫した後、改めて角島へ。
 
左右:角島大橋から

 
左右:さわやかな海辺の公園に、明らかに不振な集団一行。

去年入場料200円をケチってのぼらなかった角島灯台にのぼってみることにしました。
 

 

 

 

しばらく景色を楽しんだ後、長門市へ向かいます。
 

 

-付録-
山口の地理もわからない頭のかわいそうな人に送る、わかりやすい本日の行程地図



そんなこんなで約1時間後、長門のよくわからない海辺に到着。
 

しかし、今日は大潮。その上風が強く、波が激しいので海伝いに歩いていくことができません。
 
左右:とりあえず歩いてみますが・・・

 
左右:ここが限界でした。海辺への入り口からわずか50m。

あえなく撤退を余儀なくされました。
別に勝手に車を止めた駐車場の隣の旅館の人から不審な目で見られたからとかそういった理由からの撤退ではありません。
あしからず。

何もせず帰るのもしゃくなので、美祢線沿いの道の駅に寄って一休み。
てきとーに飯も食います。
 
左:駐車場にて 右:飯を食う

道の駅の裏にあった菜の花畑がすごくきれいでした。
 


そして宿へ帰還。
初日、「荷造りしたけどめんどくせえと思って持って来るのやめた」ととよひろがのたまっていた漫画の山が到着していました。
後に自宅へ電話して、家の人に宅急便で送るように頼んでおいたものです。

今年は計64冊です。

届いた漫画を読んだり、麻雀したりして時間をつぶし、就寝。




4日目 3月23日(日)

合宿折り返し地点の4日目。
今日は雨、採集はお休みです。

また、遅れて参加のショタは今日合流。

-朝のショタ-(我々はまだ宿で爆睡中)
 

名古屋駅6時50分発ののぞみ59号に乗車。
新山口に9時34分着。
そこから普通電車に乗り継いで10時半ころ宇部駅で合流。

我々が12時間以上かけた道のりをたった3時間半程度で・・・・
新幹線つえええ



ところ変わって朝食後の宿。
 
左:10時ころまで適当に暇つぶし 右:宇部駅へ迎えに行きます

 

合流した後宿へ戻り、昼食の鍋。
 

北海道みやげの鹿肉缶詰と熊肉缶詰。どっちもすげえクサいです。
 
左:確かこっちが鹿 右:こっちが熊だった気がする

もう一つのみやげ、まりもヨウカン。
パッケージは面白かったんですが、甘ったるくてあまりおいしいもんではないです。
 

今日のイベントはこれで終了。晩飯食って麻雀打って寝ました。
 
左:手前の坂井氏がすげぇ怖いんですが・・・ 右:だんだんみんなルールを覚えてきました




5日目 3月24日(月)

今日の行き先は初日に引き続き、美祢化石採集場。
バールを持ってリベンジです。

というわけでバールを買うべく美祢のホームセンターへ。
 
左:朝飯 右:もはやかなり慣れた道になりました

で、美祢へ到着。
採集場利用の許可を取るべく、美祢歴史民俗博物館へ向かったのですが・・・

今日は月曜日。なんと休館日でした。。。

やむを得ず、行き先を桜口谷へ変更。美祢から豊田町は車で30分くらいです。
 
左右:適当なところに車を停めて、桜口谷へ。

 

 

とりあえず山登りをしてみたり。
 

その後昼食。今日のメニューは水炊きです。
 

残りはBack to Nature
 

食事後、またしばらく化石を採り、車にもどります。
 
右:道路の向かい側を一望、ホンモノのド田舎です

せっかく神上寺の近くまで来たので、参拝していくことにしました。
いつもなら桜口谷から神上寺までの道のりは焦燥しきった表情で歩くものですが・・・
今、我々には車があります。
さぁ、長年わたしたちの足を棒にしてきた極悪非道な道のりを車で爆走する喜びを存分に味わうことにしましょう。

てなわけで、徒歩なら30分の道を2分半で制覇し、せせら笑いながら神上寺に到着。
 

 
左:なんか木が切り倒されてました

 
左:おなじみの宿入り口。誰もいませんでした 右:あんまり見たことのない本堂

 
左:お賽銭を投げ入れてお参り 右:本堂横の庭池

 
左:普段は見ることのないお地蔵さんたち

 

しばらく普段見ない神上寺を見たあと、トイレに寄って帰還しました。

 
左:晩飯の図 右:山盛り

晩飯を頂いた後、宿の風呂はあんまりにも汚かったので近くの銭湯へ行くことにしました。

 
左:銭湯にて、入浴後 右:自販機で売っていた謎の飲料。味はお察しください

あとは帰って麻雀打って寝ました。
 
右:加藤が持ってきたBACCANOトランプ




6日目 3月25日(火)

今日は昨日行く予定だった美祢の採集場へ。
朝飯食ってさっさと出かけます。
 
左:朝飯 右:いい天気です

特にイベントも起こらず、約1時間半後無事到着。
 

 

お昼時なので、今日の昼飯を作り始めることにします。今日はスパゲティー。
下がアスファルトなのは採集場の駐車場だからです。
 

しかし、ここにきて鍋が一つしかないという緊急事態が判明します。
というわけで、やむを得ず茹で上がった麺はビニール袋に保存です。
 
左:袋の下にある金属は、せめて袋の形を保つためにある鍋のふたです。 ええ、気休めでした。

一方そのころ採集場では・・・
 
新たなシダ化石が顔を出しておりました。まさに確変状態です。

で、鍋ですが・・・
 
左:2つの袋はゴミではなく、麺です。あしからず。

火力が足りないのか、全然煮えません。
しかも急に雲行きが怪しくなり、あんなにいい天気だったのに雨まで降り出しました。
風も強くなり、気温が急激に下がっていくように感じられます。さみぃ〜・・・

20分ほど後、やっとルーが煮え、ようやく麺とドッキング。ええ、伸びてます
雨も本降りになってきました。必死で喰らいます。
 
左:緑色のは春菊です。意外とトマトベースとあうのでびっくりしました

 
左右:ムリヤリ麺を押し込んだので、こぼれるわ鍋からあふれるわでエラいことに。

 
左右:意地で食い続けるのつーとさしみ氏。ちなみに味はお察しください。

残りを問答無用でNatureし、さっさと帰ることにします。

帰りの途中、ヤマト運輸宇部連絡所に寄って初日に採った巨大なシダ化石を部室まで送りつけることにしました。
なにせ2つあわせて43kgありましたので、持って帰るのはムリです
送料は両方で2390円。思いのほか安くてびっくりしました。

その後宿に帰還。
私ととよひろはレンタカーを返しに今一度宇部へ向かいます。
 
左:暇があればこれ。 右:ユースでの最後の晩餐です

食事のあとはこの合宿の割り勘の料金清算(バール代、化石の送料、採集場利用料、レンタカー代など)をします。
 

さて、宿での最後の夜を迎えます。
といってもいつもどおり麻雀打って寝るだけですが。



7日目 3月26日(水)

山口最後の日。
しかしこの一週間の体感時間の短さは異常ですな。いつもながら。

今日は例年と同じように下関で1日つぶします。

朝飯を食った後は荷物のまとめ、そして宿泊料金の支払いです。
 
ユース利用のための団体パスをとっていなかったのですが、御主人が「まぁべつにいいです」と気を利かせてくれました。
宿泊料金、しめて29万円あまり。
こうして皆から集めたお金で団扇を仰ぐのが私の毎年の楽しみです。

料金の支払いを終え、いよいよ1週間お世話になったユースとさよならです。
御主人が最後に玄関で集合写真を撮ってくれました。
 
左:玄関にて、さよならです 右:こういう整った集合写真撮るの久しぶりですね

 
左右:バス停へ向かいます

 
バス停がめっちゃせまいです。
いつもの事ながら、改めて見てみるとわけのわからん集団ですね。
バス停のある道路はある程度交通量があるんですが、振り向かないドライバーがいませんでした

11時頃、宇部新川駅に到着。
 

 
左右:宇部新川駅構内にて

11時28分発の宇部行きに乗車します。
 

 
左右:宇部行き車内

宇部駅までは20分程度です。ここから11時54分発の下関行きに乗車。
 

 
左右:下関行き車内

宇部から下関までは所要53分、意外と時間がかかります。山陽本線はのろいですな。つーか駅間が長いですな。

で、12時47分、下関到着。
 

とりあえず駅のロッカーに荷物を保管します。
 

まずは昼飯。おなじみの下関構内のカレー屋。
そんで、お次はもちろん毎年恒例のアレに向かうわけですが・・・
 

下関の映画館ではやってませんでした。。。 去年まではちゃんと上映してたんですが・・・
まぁ、去年も一昨年もガラッガラでしたしね。

しかたがないので、ブックオフで適当に立ち読みした後、カラオケへ。
 

午後8時くらいまで計5時間ほどでしょうか、カラオケにいました。
この時間を過ぎると、下関の町はこってり眠りに就いてしまいます。
コンビニと居酒屋くらいしか開いていません。

われわれはシーモールの中のラーメン屋で夕食。
 
左:ラーメンを待つ 右:食い終わり、もうどこも行くところがないので下関駅へ

時刻は午後9時を回りました。ムーンライトの入線まではまだまだ時間があります。が。
何もする事がありません。ひたすらベンチを占領してひまつぶし。

 

 
右:もう何年も変わらない下関のロール式時刻表示

近藤氏が見知らぬおじさんにつかまって延々話し相手をさせられる一幕もありました。
毎年誰かしらがこれの被害に遭うんですが・・・今年は近藤氏でしたか。
 
左:これはつらいです。無論私もこの洗礼を受けたことがあります 右:やっと開放されました

具無しのおにぎりを買ったり、ショタが買ってきたエロ本を読んだりしてる間に、そろそろ時刻は午後10時半。
 

ホームに移動します。
 
ぞろぞろぞろ・・・

ムーンライト九州の車両は客車列車(自分で動けない車両)なので、大阪まで引っ張ってくれる電気機関車が先に入線です。
 

 
左右:ホームにて

そして22時39分、ムーンライト九州が入線。
 
左:ML九州と3人のカメラ小僧。狙ってもこんな気持ち悪い写真、そうは撮れませんよ 右:乗り込みます

ここで機関車の付け替えを行いますので、発車までは15分程度あります。

 しっかし、いつ乗ってもこの列車は客層がすごいですねぇ・・・どこを見ても
 ・どう見ても鉄オタです 本当に
 ・ホームレスみたいなおっさん
 ・変な外人
 しかいません。
 

そして定刻どおりの22時56分、列車はゆっくりと大阪へ向けて走り出しました。

さすがに皆疲れきっているので、バッタバッタと死んでいきます。
 
左右:23時半過ぎの車内

23時28分に厚狭に停車した後、列車は岡山までノンストップ。(広島、三原などで運転停車はありますが)
わたしも0時過ぎには寝ました。

 ・・・乗るの6回目なんですが。。。
 あ゛あ゛〜〜〜っ!!寝心地わりいいいいいいいいいいいい




8日目 3月27日(木)

列車は夜の山陽をひたすら走ります。。。


午前4時8分、岡山に到着。
さすがにこの時間だと誰もいないです。


午前5時13分、姫路に到着。
面白みのない写真ですいませんね。

時刻は6時をまわり、もうすぐ神戸。みんなそろそろ起きだす時間です。
 
左:明るくなってきました 右:皆お目覚めの時間です

加古川とか停まる意味あるんでしょうか・・・?誰も降りませんが。。。

そして午前6時49分、終点の新大阪着。
 
左右:下車します

 
左右:新大阪駅にて 眠いんだよなぁ・・・これが

新大阪駅構内の適当な飯屋で朝飯を食います。ここは去年も行ったところですな。
 
左:飯屋にて 右:みどりの窓口にて

とよひろは学校があるため、新大阪から新幹線で名古屋へ帰還することになりました。(結局サボったみたいですがw)

 
左右:朝のラッシュ時に変な集団がホームにいます

7時52分発の新快速長浜行きに乗車、米原へ。
 
左右:新大阪駅ホームにて

9時12分米原着。
当然ながら、毎年みんな米原行きの車内では爆睡なわけですが・・・
ML九州よりこの列車のほうが寝心地いいのはどういうわけでしょうか?
 
左右:米原駅にて

米原から名古屋方面への連絡は超悪いです。
40分待ちで9時53分発の快速豊橋行きに乗車。
 

そして山口から12時間15分あまり、午前11時10分に名古屋駅に到着。
 

これにて1週間の合宿は全行程を終了。
みなさんお疲れ様でした!!




まとめ

レンタカーを長期利用してみた今回の合宿、いかがだったでしょうか?
つーか山口ってやっぱ車無いとムリですね。
巨大なシダも収穫できたことですし、また今年も有意義な合宿を過ごせたなと、私なりに思っています。
また来年、(あるんですか?)合宿が開催できることを祈って・・・

JunkSnapはめんどくせーのではしょることにします。


執筆終了:08/04/18
写真提供:ショタ・のつー・さしみ