地質班2005年度文化祭
フォトレポート

'05 9/24(土)〜25(日)

毎度おなじみ、画像多し。大変重いです。
フォトレポートなんだから当たり前だけど。
一般的なブロードバンドで全てダウンロードするのに15秒くらい、あるいはもっとかかります。



 1日目ほかの写真を坂井氏から入手しましたので、ちょっとですが追加しました。



山にて
まず前日。
我らが聖地、マウンテンにて前祝い。
そこでかき氷に群がります。
心霊写真みたいだ・・・。




今年の教室はこんな感じ。
例年とあんまり変わらんけど。



ちなみに今年の骨格模型はこれ。
マンモスの頭骨です。
全身作るつもりだったんですが、骨格模型は本番4日前から作り始めたので頭だけです。
ま、万博にあやかるということで不審に思った客は不思議といないようでしたが。



前から見た図



9割方高三(つーか私)が作ったんですが、来年どうなるんでしょうね。




そんでもう一つ。
作った人は「チョウセンヒョウだ」と言い張ってますが・・・。
なにこれ。
足の指なんかよく見ると紙粘土で作ってあります。



チョウセンヒョウを作る
チョウセンヒョウを組み立てる。




化石だけはせめて綺麗に並べました。




坂井氏作の
「ババ人形・おんま採集バージョン」が展示してあります。




こちらは土のビカリアの数々。




金生山と山口の化石展示コーナー。
余談ですが「桜口谷」っていうのは正式名称じゃないみたいですね。
地名検索でも全く出てきませんし、普通にネットで検索しても5〜6件くらいしかヒットしません。しかもかかるのは化石関係のページばかり。この名前は何か化石愛好家たちの中だけでの俗名のようです。
ちなみに正式な地名は「豊田町大字城戸」で、地層は「西中山層」というそうです。
でも「西中山」で地名検索すると、豊田は豊田でも愛知の豊田市が出てきてしまうのであしからず。これも正式な地名じゃありません。




出口にたむろする一行。




今年の期待の中1ルーキー、「ジャグリング少年」こと鈴木くん。
彼のカッター技術は目を見張るものがあります。
潜在能力だったら部内でもダントツトップでしょう。
今後の成長に大いに期待です。
下は彼がスタイロで作ったアンモナイト(種不明)。

あんも
中一の作品ですか・・・。




青やんの家族一行。



坂井氏作のアノマロちゃん。
たったの2年で復活です。詳細



だらだらした空気が流れる受付机。
ま、いつものことか。




おなじみ高三のアイドル。
もはや説明不要。
知らない人はスルーしてね。




さあ、賑わってまいりました。




差し入れのハンバーガー(約30個)を喰らう。




このあとにもまた40個くらいきました。
もういいよ・・・。




ベランダでかぶりつきます。




私の家族一行。
うちの妹にミコミコナースをすりこむ計画はどうなったんでしょうか?




ババ人形を横に置いてみる。
なんだかセクシーポーズですね。





そして何故かババを金にまみれさせてみる。





終身名誉部員のカツマタ氏。



相変わらずノリがいいです。



岩間くんも来て盛り上がってまいりました。
彼はオーケストラのサークルに入ってるそうで、ビオラを持ってきました。背中に背負ってます。




馬場氏と軽快なトークをする岩間氏。




我らがミスター地質班、馬場氏。
彼はまた懲りずに山登り系のサークルに入り、リュック背負って歩き回っているそうです。
夏休みにはサークルの合宿で北海道を訪れた際、みんなが帰る時に自分だけ残り1週間くらい野宿で化石を掘ってたとか。
さすがやることが違います。

 




岩間氏からビオラ演奏を薦められ戸惑う馬場氏。




いやいや受け取ります。





めったに見られないワンカット、
「ババのビオラ演奏」。
弓の持ち方ちがうぞー・・・




引き続きめったに見られないワンカット、
「カツマタのビオラ演奏」。
今日は珍しい出来事が続くなあ・・・。




ビオラを語る岩間氏。
メガネもあいまって、なんだかすごく知的に見えます。




あんまり見られないワンカットpart3、
「青ちゃんのビオラ演奏」。
彼はバイオリンを習っている(いた?)ようで、なかなか達者な腕でした。
これに引き続き「竹本のビオラ演奏」もありましたが、写真がありません・・・。




3時を過ぎ、文化祭も終わり。
みんなひとまずほっとします。





すぐに片付けに入ります。




上級生指示のもと、ちゃっちゃか終わらせます。
なんと1時間かかりませんでした。
すべてはニラの干渉を避けたいがため。




そして部室にて待機。
打ち上げの準備をします。




なんとあのニラから「打ち上げ用」として部費の残り3000円ほどカンパをもらい、買出しに行ってる間にすかさずG-warを始める連中。
終わったとたんにこれですか・・・。

しかしニラもようやく「生徒に嫌われてるらしい」ということに気付き始めたのでしょうか?
素でこんなことするようには全然見えないし、ご機嫌取りにしか思えません。
今回の文化祭では目立った珍行動も無かったし、一体どうしたのでしょうか。




買出しから帰る頃には秋のつるべ落とし、外はもう真っ暗。
菓子を広げ、乾杯の準備。




今年もお疲れ様でした。
カンパ〜イ!!




部室の外でもビオラを弾く岩間氏。





ほんとにバカの極みをさらに極める馬場くんとは正反対の道を歩んでますね。

変な終わり方ですが、これでフォトレポートは終わりです。
また来年が楽しみですね。


執筆終了: 05/09/26
写真追加: 05/10/19